くさしのととろ探検記

相模國酒馬間で探検しながらダイエットセラピー

相模原市立尾崎咢堂記念館

政治家尾崎行雄の生家跡地に建てられた記念館。意外な事に憲政の神様は相模原市出身でした。↓緑の看板の裏辺りにヲザキユキヲノウマレチと書いてある石碑。敷地に入って最初に気になったモノで、角度を色々変えて眺めたのですが、文字の読み取りはできませんでした。館内で説明を受けた後に再度眺めて3文字くらいかなぁ判ったのは。

 

尾崎行雄と言えば桜。WashingtonDCの桜が英語の教科書に載っていました。最初に送った桜は枯れてしまったと云う記憶もあるのですが、どうでしたでしょう?

近隣の公園にも尾崎縁の桜が

 

↓これも敷地入りしてすぐに眼に入るので気になったモノです。「善悪の標準」は写真でも余裕で読めますが、その下は、やはり説明を聞かないと判らないのでした。

「世人乃幸福をます言行ハみな善事之をへらす言行ハみな悪事」と書いてあるそうです。分かり易い基準ですね。それにしても悪事を為す政治家が多いなぁと思いました。なかなか理想通りに行かない事くらいは判っているつもりですがねぇ・・・

案内していただいた方が非常に丁寧でした。分かり易く紹介していただき感謝です。尾崎行雄はもう少し知名度があっても良さそうな感じなんですけどねぇ。昔、NHKで星亨のドラマを視たのをちょっと思い出しました。確かそれに出て来たと思うのですが。近現代に渡って長い期間議員さんをやっていたというのも大きなポイントですが、知りませんでしたし。良い勉強になりました。